耳の病気

急性中耳炎

原因

 鼓膜の奥にある小さな空洞を中耳といいます。鼻の奥に感染した細菌やウイルスが、耳管(中耳と鼻の奥をつなぐ管)から中耳に入り込み炎症を起こした状態が急性中耳炎です。

 風邪をひいた後に起こることがほとんどですが、飛行機に乗った後に生じることもあります(航空中耳炎)。 小児に多く、特に2歳以下で保育所通いの小児はかかりやすく、いったん治っても繰り返しやすい傾向にあります。

症状と診断

 症状は激しい耳痛、発熱、耳漏(耳だれ)、難聴、耳閉感ですが、乳幼児では耳をいじってむずかることがサインとなることもあります。 鼓膜が赤く、腫れている様子や中耳に膿がたまっていることを確認できれば診断は容易です。

 成人では内耳へ炎症が及んで感音難聴を生じることがあるため、聴力検査が必要です。原因となる菌(起炎菌)の検査も行います。

このように治療します

 鼓膜所見や年齢、感音難聴の有無をもとに治療法を選択しますが、基本は抗生物質の内服です。(ごく軽い炎症では抗生物質を使わない場合もあります。)ペニシリン系の抗生物質を第一選択としますが、起炎菌の種類によりセフェム系の抗生物質が使われることもあります。発熱を伴う重症例では鼓膜を切開して中耳にたまった膿を出す必要があります。

 また、鼻水を吸引して鼻の状態を良くすることがとても大切です。 近年、反復性・難治性の急性中耳炎が増加しており、薬剤耐性菌のまん延や低年齢からの集団保育が原因とされています。免疫能が未熟な2歳以下で中耳炎を発症すると重症化しやすいため注意が必要です。

滲出性中耳炎

原因

 副鼻腔炎(ちくのう症)やアデノイド肥大により耳管の通りが悪くなり、中耳に液がたまってしまうのが滲出性中耳炎です。小児では急性中耳炎が完全に治癒しないまま、滲出性中耳炎に移行するケースが多くみられます。老人にもみられ、加齢による耳管狭窄が主因です。

症状と診断

 症状は難聴、耳閉感です。痛みはありません。小児では呼びかけに応じない、テレビの音を大きくすることで気付かれることがあります。 鼓膜所見で中耳の滲出液が確認できれば診断がつきます。

 聴力検査で難聴の程度を調べますが、軽度の難聴にとどまることが多いようです。ティンパノメトリーは鼓膜の動きを調べる検査で、病状の経過を確認するために行います。副鼻腔炎やアデノイド肥大の有無、上咽頭腫瘍の有無も確認が必要です。

このように治療します

 滲出性中耳炎は自然に治ることが多いため、注意深く経過観察を行うことが基本となります。副鼻腔炎がある場合はマクロライド系抗生物質の少量長期療法(常用量の半分ほどの量を1~3ヶ月内服する)を行います。鼻の状態を良く保つことが非常に大切です。 内服治療で改善しない場合は鼓膜を切開し、滲出液を吸引します。さらに滲出液が繰り返し溜まる場合には鼓膜にシリコンチューブを留置することもあります。

 適切な治療が行われないと、癒着性中耳炎や真珠腫性中耳炎など手術が必要な状態に進行することがあるため注意が必要です。 治療が長 期(数年間)にわたることも稀ではありません。感音難聴などの後遺症を残さないよう根気よく治療を続けましょう。

急性外耳道炎

原因

 耳の穴から鼓膜までの部分を外耳道といいます(長さ約3.5センチメートル)。この部分に炎症が起こると耳痛(耳の周囲へ広がる痛み)、耳閉感、耳漏(耳だれ)を生じます。

 耳かきによるキズ、水泳などが原因です。夏に多くみられます。 緑膿菌感染は非常に難治性の外耳道炎を起こし、治療に数ヶ月を要することもあります。

このように治療します

 治療は抗生物質の点耳薬・内服薬。必要に応じて鎮痛薬を使用します。 外耳道の奥2/3は皮膚が非常に薄く、綿棒で耳かきをしても容易に傷つきますので注意してください。

耳せつ

原因

 外耳道の入口近くの皮膚に生じる急性炎症のことです。 毛穴から細菌感染が起こり、化膿して猛烈に痛みます。痛みは耳の周囲へ広がり、耳介を引っ張ったり、口を開けるだけでも痛みが増します。過度の耳かきによるキズ、水泳が原因です。

このように治療します

 抗生物質や鎮痛薬の内服。抗生物質入り軟膏の塗布。炎症がひどい場合は切開排膿することもあります。

真菌性外耳道炎

原因

 カンジダやアスペルギルスといったカビの一種が外耳道や鼓膜に感染した状態です。頻繁な耳かきによって外耳道の皮膚が傷ついてしまうことが原因です。

症状と診断

 いつまでも長く続く耳だれ、痒みが特徴です。急性外耳道炎と違い、痛みはほとんどありません。カビの塊が大量に溜まると耳閉感や難聴を生じます。

このように治療します

 外耳道と鼓膜を洗浄します。当院では顕微鏡下に丁寧にカビの塊を取り除いたあと、炎症を抑える薬やカビに対する抗真菌薬を塗布します。自宅ではカビに対する点耳薬を使っていただきます。

 治癒までに時間がかかることが多く、根気良く治療を続けることが大切です。

先天性耳瘻孔

原因

 耳介の発生途上で組織の癒合不全が起こると耳介の周囲に小さな穴が残ります。耳介の前方に生じることが多く、穴の奥は数ミリから数センチメートルの袋になっています。これを先天性耳瘻孔と呼びます。

このように治療します

 感染がなければ無症状で治療も必要ありません。感染すると瘻孔周囲に皮膚の腫れ、赤みが生じ、痛みを感じます。炎症が軽ければ抗生物質の内服で症状は改善しますが、重症化すると膿が溜まるために切開することもあります。

 一度感染すると繰り返すことが多いため、炎症がおさまってから手術で摘出することが必要となります。

耳介血腫

原因

 相撲、柔道、ラグビーなどで耳介の打撲や圧迫、擦れるような力が加わることにより、耳介の軟骨膜下で出血が生じ、耳介が腫れます。痛くはありません。

このように治療します

 針を刺して排液し圧迫しますが、繰り返して腫れる場合は手術が必要です。手術では皮膚を切開して血腫を取り除いたあと、耳介を俵状のガーゼで前後に挟み、糸で固定します。血腫を放置すると力士や柔道家、ラグビー選手にみられるように耳介が分厚く変形します。

耳垢(みみあか) 

 外耳道にある分泌腺(皮脂腺、耳垢腺)の分泌物や脱落した表皮、ホコリが固まったものです。体質により乾性耳垢(カサカサしている)、湿性耳垢(湿ってネバネバしている)に分けられ、日本人では約8割が乾性耳垢と言われています。
 耳垢には幾つかの役割があると考えられています。

 

①外耳道の保護、清浄化

②感染防御

③虫の侵入を防ぐ

 

 耳垢にもそれなりの役割があり、むやみに取ろうとする必要はありませんが、大量にたまると難聴の原因になります。耳垢は外耳道の入口に自然に押し出されてきます。耳の清掃は週に1回、耳の入口に近い部分をそっと綿棒で拭うくらいで十分です。

 その際、細めの綿棒を使うと耳垢を奥に押し込んでしまうことが少なくなるでしょう。耳の穴が小さなお子さんは耳掃除が難しいことが多いので、無理せずに耳鼻咽喉科を受診してください。

突発性難聴

原因

 突発的に発症する感音難聴です。原因として内耳の血液循環障害やウイルス感染などが想定されていますが、はっきりした原因は分かっていません。

症状と診断

 ある時、突然耳が聞こえにくくなり、耳鳴り、耳閉感が生じます。めまいを伴うこともあります。難聴が徐々に悪化したり、繰り返したりすることはありません。 聴力検査で難聴の程度を調べます。

このように治療します

 難聴の程度が軽ければ、ステロイド・循環改善薬・ビタミン薬の内服を行います。中等度~高度の難聴では入院のうえ、大量のステロイドによる治療が必要となりますが、発症後2週間以上経ってしまうと治療しても治りにくくなります。発症後できるだけ早期から治療を行うことが非常に大切です。

 めまいを伴う例、高度難聴の例では治りにくい傾向にあります。稀ながら聴神経腫瘍が原因のことがあるため、改善傾向がみられない場合は内耳道のMRI検査を追加します。

低音障害型感音難聴

原因

 比較的急性に発症する低い音に限局した感音難聴です。難聴、耳閉感、低い調子の耳鳴り、音が響く・割れて聞こえるといった症状が多く、耳痛を伴うこともあります。

 過労、ストレス、睡眠不足が誘因となる傾向があります。蝸牛内のリンパ液の産生と吸収のバランスが崩れ、リンパ液が増えた状態(内リンパ水腫)が原因と考えられています。難聴は日によって変動することが多く、この点で突発性難聴とは明確に区別されます。

このように治療します

 自然に改善することもありますが、一般には利尿薬により内リンパ水腫の改善を図ります。比較的薬物治療に反応して治りやすいのですが、再発もよくみられます。改善した後も体調管理に努め、ストレスを避けることが大切です。

 頻度は多くありませんが、めまいを伴うようになるとメニエール病に移行することもあります。

メニエール病

原因

 難聴、耳鳴りを伴って発作性のめまいを生じ、しかもこれを繰り返す疾患です。めまい発作は数時間程度続きますが、激烈な頭痛や意識障害、手足の麻痺などの脳血管症状はありません。

 蝸牛内のリンパ液が増加した状態(内リンパ水腫)が原因と考えられています。明らかに肉体的・精神的なストレスや睡眠不足と関係があり、適切なストレスコントロールがなされないと病状が改善せず、長期化する傾向にあります。

このように治療します

 治療は内リンパ水腫を解除するために利尿薬が用いられます。めまい発作には鎮暈薬を追加します。

 めまい発作が頻発し、難聴が進行する難治例が約20%あり、適切な初期治療が非常に重要です。難治例では有酸素運動(ウォーキングなど)も積極的に行います。

耳管開放症

原因

 耳管とは耳と鼻をつなぐ管で、中耳と外気の圧調節を行っています。通常は圧調節が必要な場面で瞬間的に開閉するのですが、これが開いたままの状態が耳管開放症です。

 耳閉感や自分の声が響いて聞こえる、自分の呼吸音が響くなどの症状が出ます。前かがみになったり、症状のある側を下にして横になったりすると症状が改善します。

  最も多い原因は急激な体重減少です(耳管周囲の脂肪組織の萎縮による)。ホルモンバランスの変化により妊娠中に生じることもよくあります。典型的な症状に加え、呼吸に伴う鼓膜の動揺が確認されれば診断が確定します。耳管の開閉度を調べる検査(耳管機能検査)を行うとより正確に診断できます。

このように治療します

 生活指導、生理食塩水の点鼻療法、漢方薬などを用いて症状の改善を図りますが。効果がみられない場合は東北大学病院耳鼻咽喉科の専門外来で行っている耳管ピン挿入術などの手術療法も考慮します。

耳鳴り

 周囲に音がしないのに音を感じる状態のことで、音色や音の大きさは様々です。

 が起こる仕組みははっきりと解明されていませんが、難聴を生じる疾患に伴うことが多く、耳鳴りがある場合は、まず初めに難聴の有無を調べる必要があります。難聴がなく、耳鳴りだけを自覚することもあります(無難聴性耳鳴)。

原因

老人性難聴、メニエール病、低音障害型感音難聴、突発性難聴、騒音性難聴、心因性、耳管周囲の筋肉の異常運動 稀に脳や中耳、側頭骨の腫瘍が原因になっていることがあります。

  高血圧や低血圧、睡眠不足やストレスも耳鳴りの原因になります。

このように治療します

 難聴を生じる疾患に伴う耳鳴りでは、それぞれの疾患に対する適切な治療を行います。 老人性難聴による耳鳴りを完全に消失させることは難しいので、日常生活で気にならない程度まで緩和させることが目的になります。

  一般的には、循環改善薬、内耳の血管拡張薬、ビタミンB12、抗不安薬、漢方薬、抗痙攣薬などが用いられます。就寝前など周囲が静かになると耳鳴りが強く感じられるため、ラジオやBGMを利用して静かな環境をつくらないことが有効です。心因性耳鳴りでは心療内科、精神科的なカウンセリングや薬物療法が必要になります。

 耳鳴りの原因や耳鳴りを感じる(気になる)レベルは個人により様々で、画一的な治療法はありません。様々な治療法からひとり一人に合った治療法を見つけていきましょう。

先天性難聴と人工内耳

 疫学調査によると新生児1000人に1人の割合で難聴児がみられ、その約半数が遺伝子変異による遺伝性難聴とされています。難聴の程度は様々ですが、両側の高度難聴は治療法が無いうえ、音声言語の獲得に重大な支障を来たすため、早期発見と対策が必要です。

 現在、新生児期にABR(脳波検査)による聴覚スクリーニングが行われていますが、任意で有料であるため実施率は60%程度です。両側の高度難聴が疑われるお子さんに対しては、1980年代から「人工内耳」手術が行われています。2014年の基準では1歳以上で、高度難聴(90dB以上)あるいは補聴器のみでは音声言語の獲得が不十分と予想される場合は適応とされています。術後の継続的な療育環境と家族の協力が不可欠です。

老人性難聴と補聴器

 65歳以上の方のおよそ6割に難聴がみられます。加齢により音を感じる内耳機能に加え、言葉を聞き分けて理解する脳の機能も低下するため、「喋っているのは分かるけど、何を話しているのか分からない」「どの方向から音がしているのか分からない」ということが起こります。

 高い周波数から両耳とも同じように聴力が下がってくるのが特徴です。残念ながら有効な治療法はありませんが、以下は難聴の進行を遅らせるために大切な注意点です。

  • 生活習慣病の予防、ストレスを避ける
  • 強大音を避ける
  • 適度な有酸素運動

日常会話が困難になるほど難聴が進行しているケースでは、身体障害者に該当することもあります。詳しい内容はご相談ください。

補聴器のお勧め

 認知機能の低下には難聴の有無や程度が大きく関わっていることが分かっています。老人性難聴に対して補聴器を使用しているケースでは使用していないケースと比べて認知機能が低下しにくいという報告もあるため、難聴が軽度のうちから積極的に補聴器を使い始めることをお勧めします。

 最近では個々の難聴の程度にぴったり合ったオーダーメイドの補聴器が主流です。性能の向上とともに小型で目立ちにくい機種も発売されており、専門店では1~2週間試しに使ってみることも可能です。詳しくはご相談ください。

診療予約はこちらから

  • 電話での受付はこちら ✆18603-3599-6638
  • 受付・待ち状況確認
  • みみ・はな・のど通信
  • クリニックブログ
診療時間 9:00-12:30 14:30-18:30 土 9:00-13:00 休診日 水・土の午後日曜、祝日